事故歴と修復歴

車買取の際にはそれぞれの車のメーカーや年式なども重要なポイントとなってきますが、それよりも重要なポイントになるのがコンディションです。新車と近い状態であればそれだけ高く買い取ってくれるというの間違いないでしょう。

このコンディションを傷つけてしまう情報にはいくつかあり、例えば過去に事故を起こしたことがある、必要な修理をしていないというようなことが挙げられます。

こういったことが情報として残ってしまっていると買取額は下がりやすくなってしまいますから、いつか中古車として車買取に出すことを考えているのであれば、そうしたことはしないようにしましょう。

車買取で嫌われる物には「事故歴」と「修復歴」があります。時折二つを同じものとして扱っている人がいるのですが、実は二つは全く別のものです。事故歴というのは過去に起こした交通事故の有無のことであり、修復歴というのはその事故によって自動車のフレーム部分を修理したというようなことなのです。

フレーム部分を修理していないのであれば、それは事故歴であっても修復歴ではありません。フレーム部分が壊れるほどの大事故を起こして修理したことがあるという自動車だと査定ではかなり価格が落ちてしまうのですが、そうではなく単純な事故であり修理も大掛かりでは無かったというのであれば、人身事故などの一部の例外を除いて価格下落はある程度抑えられるでしょう。